英語らしい英語表現
英語を英語のまま理解する。英語らしい英語の発見。

BBC Newsで英語らしい英語を。 ラグビーワールドカップ始まる。

BBC News ASIA-PACIFIC9 September 2011 Last updated at 11:57 GMT
Rugby World Cup opens in New Zealand
ラグビーワールドカップニュージーランドで開幕


The Rugby World Cup has officially opened in New Zealand, described by Prime Minister John Key as the biggest event his country has staged.
ラグビーワールトカップがニュージーランドで正式開幕した。ジョン・ケイ首相は建国以来この国で開かれる最大のイベントであると挨拶の中で述べた。




Tens of thousands of rugby fans descended on Auckland for the glittering opening ceremony. The first match between the All Blacks and Tonga then kicked off at Eden Park, with the hosts trouncing Tonga 41-10. Matches will be held at stadia across the country except in Christchurch, devastated by the 22 February quake.
descend on: visit something unexpectedly or inconveniently
trounce: defeat somebody heavily
 stadia: plural form of stadium (pl. stadiums or stadia)
devastate: completely destroy, ruin
(数万人のラグビーファンがきらびやかな開会式を見ようとオークランドにとっと押し寄せた。開会式に続いて第1試合はイーデンパークでニュージランドのオールブラックスとトンガの間で行われ、ニュージーランドが41対10の大差でトンガを降した。その後の試合は2月22日の地震で壊滅的被害を受けたクライストチャーチを除く国内のスタジアムで行われる。)



"It's incredibly exciting," Mr Key said as he went to Eden Park.
"New Zealand's done everything it can to be prepared, there's a really friendly atmosphere out there and people are loving what's going on."
The six-week World Cup event is the first in New Zealand since the inaugural tournament in 1987 - the last time the All Blacks won the title.
In Auckland, huge crowds gathered along the waterfront to watch events on big screens, many waving flags and dressed in the colours of the national team.
(ケイ首相はイーデンパークに向かう途中「凄く感動的なイベントです。わが国は準備に全力を尽くしましたし、とても友好的な雰囲気のなかで人々はこの催しを喜んでいます。」と述べた。
6週間にわたるワールドカップは、ニュージーランドのオールブラックスが優勝した1987年の第1回大会以来の久方ぶりのニュージーランド開催である。オークランドでは大勢の市民が湾べりに設置された大スクリーンに映し出されるこの催しを見るために集まった。
大勢の人たちは旗を振り、ナショナルチームカラーの服装をしていた。)



At the stadium, the 60,000-strong crowd was transfixed as about 10 silver boats, on wheels, entered the pitch, supported by hundreds of dancers dressed in silver and white.
The theme of the opening ceremony was "the journey", with the boats representing the settlement of New Zealand.
Maori warriors then took to the field, performing a powerful haka.
transfix: make somebody unable to move, think or speak because of fear, astonishment, etc.
haka: 本来はマオリ族の戦士が戦いの前に、手を叩き足を踏み鳴らし自らの力を誇示し、相手を威嚇する舞である。 現在では国賓や海外からの訪問者を歓迎する舞として披露されるほか、ラグビーニュージーランド代表(オールブラックス)が国際試合前に舞う民族舞踏として有名。英語でウォークライ(War Cry、闘いを叫ぶ)とも言う。ニュージーランドマオリ(ネイティブ・ニュージーランド人によるラグビーの代表チーム)が行ったことが起源で、ラグビーニュージーランド代表へと受け継がれた。パシフィック・アイランドのチームにもそれぞれのウォークライがあり、トンガ、サモア、フィジーの各代表チーム、3カ国の選抜チーム、パシフィックアイランダースも独自のウォークライを持っている。トンガのものはシピタウ、サモアのものはシヴァタウ、フィジーのものはシンビと呼ばれる。ハカはニュージーランドでは一般的な民族舞踊である。現在では相手に対し尊敬や感謝の念を表す舞として披露されることから、結婚式、葬式、卒業式、開会式、歓迎式典など、あらゆる場面で目にする機会が多い。死者の御霊を供養し哀悼の意を表す形として葬式でハカを舞うことは日常的である。ハカ=攻撃的=批判的と解釈されることはなく、ハカ=友好的=親睦的と解釈される。ニュージーランドの小学校ではハカの講習会が開かれるため、ニュージーランドの小学生は男女共にハカを舞うことができる(通常、女子は闘いに参加しないためハカを舞うことはないが、学校教育の一環として女子にもハカを教える)。
(スタジアムでは6万人の観衆は、台車に乗せられ、数百人の銀色と白の衣装の踊り手に支えられた10艘ほどの銀色のボートがピッチに入ってくる光景に釘付けにされた。開会式のテーマは「旅路」でこれらのボートはニュージランドの定住を表現している。続いてマオリ族の戦士がフィールドに現れ、「ハカのおどり」を披露した。)



The first match - a group qualifier between New Zealand and Tonga - kicked off at 2030 (0830GMT).
Tonga won a toss of the coin to perform their war dance, known as the sipi tau, first. The All Blacks then started their world-famous haka before the match got under way.
New Zealand won the match comfortably, scoring six tries to Tonga's one.
New Zealand captain Richie McCaw said his team put in a good defensive
performance and created scoring opportunities.
"We are excited about getting under way, it's been a long time coming and to play in front of a crowd like this is pretty cool," he said.
The sipi tau: hakaと同じでトンガではsipi tauと呼ぶ。
(最初に試合はニュージーランドとトンガの間で決められた選手のキックオフで20:30に始まった。トンガがコイントス(コインを放り上げて手で受け裏か表かで決める)でシピタウという戦場に向かう前の踊りを最初にする権利を得た。オールブラックスは世界的に有名なhakaを試合が始まる前にやった。ニュージーランドは6トライ、トンガは1トライで、ニュージーランドが快勝した。ニュージーランドチームのマッカウ主将はかれのチームは守備がうまく行き、それが得点につながったとしている。「始まったことに感激しているし、やっとワールトカップが来て、このような大観衆の前でプレーできるのは本当に気持ちが言い。」とマッカウ主将は述べた。



Quake appeal
Forty-eight matches will be played across the country over the next six weeks, in all major cities but Christchurch.
The earthquake there killed 181 people and large parts of the city have been written off as uninhabitable.
Christchurch, the most famous of all rugby cities in New Zealand, subsequently lost its rights to host seven World Cup matches.
write off: damage something so badly that it is not worth repairing.
(全部で48の試合はクライストチャーチを除く、国内主要都市でこれから6週間の間に開催される。地震で181名の死者が出て、街の大きな部分が住めなくなるほど痛めつけられたクライストチャーチはニュージーランドのラグビー試合をやる町の中で一番有名なのだが、結果としてワールトカップの7つの試合を主催する権利をなくしてしまった。



The International Rugby Board has launched a fundraising appeal to bolster the rugby community in the area.
"The people in Christchurch are going to be in our hearts and our minds on many occasions during the tournament," said organising committee chairman Martin Snedden.
"It's been a tough 12 months in New Zealand. The country is ready to have fun. It's ready to have a party."
fundraising: 募金を募る
bolster: give support to something or somebody
(国際ラグビー協会はクライストチャーチ地区のラグビー界を励ますために募金の呼びかけを行った。「トーナメント試合の多くの機会に私たちはクライストチャーチの人々に心から寄り添っている。」と主催者委員会会長マーチン・スネッデン氏は述べました。
「この1年はニュージーランドにとって厳しいものだった。今や、(苦しみを乗り越え)この国は楽しくパーティ気分になれる。」と。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。