英語らしい英語表現
英語を英語のまま理解する。英語らしい英語の発見。

BBC News で英語らしい英語を:Indonesian tsunami girl 'reunited with family'

BBC News – ASIA
インドネシアで7年前の津波で行方不明になった少女が両親と再会したニュース。やさしい英語なのでreproduction(自分であらすじを書いてみる)などの教材にいいかもしれない。

23 December 2011 Last updated at 18:29 GMT
Indonesian tsunami girl 'reunited with family'
An Indonesian girl swept away in the 2004 tsunami has been reunited with her
parents seven years on, the family say
.

Has been reunited with~: ~との再開を果たした。
(インドネシアで津波で流された少女が家族と再会
2004年の津波で流されたインドネシアの1人の少女が7年たった今、家族の話によると両親と再会を果たした。)


Meri Yulanda, also known as Wati, turned up at a cafe in Meulaboh, Aceh, earlier
this week, looking for her parents.
She says she was found by a widow after the disaster and forced to work as a
beggar, being freed only last week.
Indonesia's northern province of Aceh was the worst hit by the Boxing Day tsunami,
which killed 230,000 people.
Tens of thousands of bodies were never recovered and many families never found
out what happened to their loved ones.
There has been no independent verification of Meri's story.

. Also known as~:別名~
 Turn up: 現れる
 Was forced to work as a begger: 無理やり乞食として働かされた
 Boxing Day: 12月26日、クリスマスの翌日、新聞配達やお世話になっている人達にプレゼントを贈る日
Boxing Day is traditionally a day following Christmas when wealthy people in the United Kingdom would give a box containing a gift to their servants. Today, Boxing Day is better known as a bank or public holiday that occurs on December 26, or the first or second weekday after Christmas Day, depending on national or regional laws. It is observed in the United Kingdom, Australia, Canada, New Zealand, and some other Commonwealth nations.
 No independent verification: 本人の関係者以外にこの話を証明するものはない。
(メリユランダ、ニックネームはワティ、両親を捜し求めて今週早々、アチェ県、メウラボのカフェに突然現れた。彼女の話によれば津波災害のあと一人の未亡人の目に留まり、先週自由のみになるまで、こじきとして無理やりに働かされた。
インドネシアの北に位置するアチェ県は12月26日(2004年)の津波で壊滅的被害を受け、23万人の命が失われた。数万人の遺体は未だ見つからず、多くの家族は自分の家族がどうなったのかも分らないままである。只、メリユランダの話も本人以外に起こったことを証明するものは存在していない。)


'Just knew'
Meri, who is aged 14 or 15 according to different reports, returned to her hometown
remembering only the name of her grandfather, Ibrahim.
Someone at the cafe knew a man by that name and got in touch.
"When I saw my mother, I knew it was her. I just knew it," she said.
"When she saw her mother she yelled 'mama' and ran toward her," her father,
Tarmius, told AFP by telephone.
"Both of them hugged each other and cried," he said, according to the Associated
Press news agency
.

. Got in touch: 連絡を取った。
(別の報道によると、14-5歳のメリは故郷に戻ったが、祖父の名前がイブライムということしか覚えていなかった。カフェにそういう名前の人を知っている人がいて、連絡が取れた。「私の母を見たとき、母であることが直ぐ分りました。」
父親タルミウスがAFP通信社に電話で話したところによると「彼女は母を見て“おかあさん!!”と叫び、母に駆け寄った。」と。
Associated Press 社によると、父親は「母子は抱き合って泣いた」と語った。)


Her mother, who had given up hope of seeing Meri again, said she had not immediately recognised her daughter.
"The birthmarks on her belly, and a mole and scar on her face proved that the little
girl was mine," her mother, Yusnidar, told AFP.
The 35-year-old added: "I cannot tell you how grateful I am."
Meri and her sister were separated from their parents when the Asian tsunami
struck the village of Ujong Baroh on the Aceh coast.
After the disaster, Yusnidar and Tarmius travelled to different districts to search for
their lost daughters but could not find them. Their eldest daughter is still missing.
About 168,000 people were killed in Aceh province alone in the tsunami.
Many families continue to hold out hope for finding their loved ones, but reunions
are rare. Many of those announced in recent years have turned out to be untrue
.

 Recognize her daughter: 彼女の娘であることが分る。
Do you recognise me? 私、誰か分る?
 Birthmark: 出産(新生児)斑
 Mole: ほくろ・あざ
 Scar: 傷跡
 The 35-year-old: 母親のこ(同じ語の繰り返しを避ける為こういう言い方をしている。)
(彼女の母親はメリに再び会えるという望みはあきらめていたので、会ったとき直ぐに自分の娘だとは気がつかなかった。
「娘のお腹の斑や、顔のほくろ、傷跡でこの子が間違いなく自分の娘だと分りました。」と母親ユスニダルさんはAFPの記者に語った。メリと彼女の妹はアジアの大津波がアチェの沿岸のウジョンバロを襲った時両親から離れてしまった。災害の後両親は行方不明になった娘達を探しに他の地域にも行ったが、見つからなかった。一番上の姉は未だ不明のままである。
アチェ県だけで約1万6千8百人もの人々が津波で死亡した。多くの家族が自分達の身内を見つける望みをつないでいるが、再会できるのはまれである。近年伝えられた話も結局は本当でなかったものが多い。)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。