英語らしい英語表現
英語を英語のまま理解する。英語らしい英語の発見。

Charlie Brownの子供絵本でやさしい英語らしい表現を拾う 1

Charlie Brownの子供絵本でやさしい英語らしい表現を拾う 
Charlie Brown’s Super Book of Questions and Answers-1
About all kinds of animals
…from snails to people!


About the Animal Kingdom


1. How many different kinds of animals are there?
Fifty?  A Hundred?  A thousand?  Ten thousand?   A Hundred thousand?
No! There are a lot more than that. More than one million kinds of animals live on the earth. When we think of animals, we usually think of our pets, the animals on a firm, and the animals in a zoo. We forget the creatures that live in the ocean. We forget insects, worms, and spiders. We even forget birds. They are all animals, too.
To a scientist, an animal is anything that is alive but is not plant. The list of animals includes creatures that are so tiny we can see them only under a microscope. And the list includes you, too!


Useful sentences/expressions
There are a lot more than that. もっといっぱいありますよ。
When we think of animals, we usually think of our pets,…動物というと、先ず我々のペットを思い浮かべます。
We even forget birds. 私たちは小鳥だって忘れています。
To a scientist, an animal is anything that is alive but is not plant.科学者にとっては、動物とは生きているものはなんでも、但し植物は入りません。
The list of animals includes… 動物名を挙げるとすると、、、。


子供絵本ですからやさしい英語で書かれていますが、会話や作文に使えそうな表現の宝庫です。難しい本は読めても、いざ自分が発信するとなるとなかなか書いたり、言えたりしないものです。やさしい英語の表現を沢山ストックしてどんどん使うと表現力が豊かになります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。